東京23区に10年間住んでわかったメリット・デメリット5選

その他

今回は東京に10年間住んでいた筆者が東京に住んでわかったメリット・デメリットについて紹介させていただきます。

合わせて筆者が住んでいた東京都板橋区についても少し紹介させていただきます。

地方にお住まいの方は東京に移住されたいと思う方も多いと思いますが、理想と現実はつきものですので、そのギャップを少しでも埋める事ができれば幸いです。

東京都は人や物が圧倒的に揃っているところが最大のメリットだと思いますが、その反面、人によってはデメリットに感じるところも多数あると思いますので参考にしていただければと思います。

東京に住んで良かった事5選

アクセスが良い

バス・電車共に本数や行先が充実しているので移動には本当に困りません。

23区の北側の地域では路面電車もあります。

23区内に住んでいれば、基本的に自家用車はなくても良いと思います。

筆者も自家用車ではなくタイムズのカーシェアリングを活用していました。

カーシェアリングの紹介記事は別に書きましたので下記をご覧ください。

【コスパ◎】タイムズのカーシェアリングを100回以上使った感想
タイムズのカーシェアリングを4年間で100回以上利用した感想を書きました。

施設が充実している

人がたくさんいる分、生活に必要なスーパーや病院等の施設は十分にあり、娯楽施設もたくさんあります。

地方ではどこへ行くにも車が必要ですが、東京なら公共交通機関だけでもどの施設に行く事ができます。

地方の場合は都会に出て買い物しないといけない場合がありますが、東京は全てワンストップで何でも揃います。

イベントが多い

有名人等のイベントはやはり東京で開催される事が多いです。

東京ドームや東京国際フォーラム・味の素スタジアム等の大きな会場が複数あります。

小規模でもライブハウス等も数では東京が圧倒的に多いので、東京に住めばイベント関連には参加しやすくなります。

求人・給料が多い

人口自体が47都道府県で一番多いのと、東京に働きに来る人も多いため企業も東京に集中しています。

大企業の本社も大体東京にあるので必然的に東京付近に住む人は増えています。

東京都は最低賃金が47都道府県で一番高いため、周りに比べて給与水準も高いです。

なので給料の高い東京で働いて、生活コストの安い近隣の県に住むという働き方も可能です。

飲食店の質が高い

東京は人も多ければ店の数も多いため競合が多く、美味しくない店は余程の好立地でもない限り生き残っていけません。

なので東京で長年やっているお店は選りすぐりの良いお店という事です。

池袋辺りはラーメン激戦区なので、池袋で美味しいラーメン屋を探す時は、お店が何年続いているかを見ると良いと思います。

6000杯食べたマニアがオススメ!池袋の激ウマ人気ラーメン28選 | VACANラーメン特集
6000杯以上のラーメンを食べた筆者が、東京屈指のラーメン激戦区・池袋のオススメラーメンを厳選してご紹介。池袋周辺はラーメン店の数が非常に多く、そのレベルも高い。池袋駅の西口・東口周辺に加え、要町や東池袋周辺のラーメン店もエリアごとに分けて紹介しており、きっと池袋周辺で好みのラーメンが見つかるはず。

高田馬場はとんかつの激戦区として名を馳せていますので、こちらも是非足を運んでみていただければと思います。

東京23区に住んで辛かった事5選

人が多すぎる

どこ行っても人・人・人です。

仕事に行けば満員電車ですし、家を一歩出れば人がいるような状態です。

どこか食事に行こうにも、人が殺到してイモ洗い状態になります。

人混みが凄すぎて酔いかける事も何回かありました。

最近はインバウンドの観光客が増え人込みに拍車がかかっています。

筆者はそれに耐えかねて千葉に移住しました。

空気が悪い

23区内は自然も少なく、道路ばかりなので空気が悪いです。

地方から東京に来た人が喘息になったという話しもよく聞きます。

筆者も東京に住む前には千葉にいましたが、東京に住んでから花粉症がひどくなりました。

とにかく暑い・不快・ビル風が強い

道路や舗装された道ばかりなので夏場はアスファルトからの照り返しが凄く暑いです。

オフィス街ではビルがたくさんあるため、ビル風で突風が吹き荒れる場所もあります。

地下鉄は常に蒸し暑いですし、東京に来て気候について快適だと思った事は一度もありませんでした。

暑くじめじめとしていて地方に比べると不快度が圧倒的に高いです。

治安はあまり良くない

人が多ければその分変な人の割合も増えます。

電車や道ばたで奇声を上げている人は珍しくありません。

夜中に大騒ぎする外国人等もいます。

なので東京に住む場合は住みたい地域の治安は必ず調べた方が良いと思います。

最近の繁華街はお金のない若者が路上飲みをしていて非常に雰囲気が悪いです。

埋立地が多い

品川区・江東区・港区などの東京のベイエリアは埋立地が多いです。

地震大国の日本ですので、大災害に見舞われた時は、覚悟が必要になってきます。

東日本大震災でも同じベイエリアの幕張は液状化現象で地面にヒビや水が噴き出して大変な事になりました。

遊びにいくのもちょっとリスクですし埋立地エリアに住むのはかなりリスクが高いと思います。

高い確率で来ると言われている南海トラフ地震もありますので・・・。

東京都板橋区に住んだ感想について

家賃が都内の中では比較的安い

一般的に山手線の内側は高いと言われています。

板橋区は山手線の巣鴨駅から少し外れたところにありますが、家賃は東京都23区の中では足立区と並んで安い部類です。

筆者は板橋本町と板橋区役所の近辺に住んでいましたが、1Rで55000円・1Kで62000円でした。

高島平や赤塚・成増方面でしたらもっと安い場所もあります。

複数の路線が使える

板橋区役所近くに住んでた頃は、都営三田線・東武東上線・埼京線が使えました。

都営三田線で都心方面へすぐ出られるのと、埼京線で大宮まで行けば東北・北陸新幹線にもすぐ乗る事ができます。

東武東上線では川越方面まで出られるので観光をするのにも良いです。

どれか路線が一つ止まっても他の路線を使えるのは強みです。

下町の雰囲気も残しつつ適度な都会

板橋の各地にある商店街は比較的にぎわっていて、下町風情がまだ残っていて温かみがあります。

ガチガチの都会ではないので、他の地域よりも住みやすいとは思います。

特に大山商店街は板橋区の中でも最大クラスに規模が大きく色々な物が揃います。

物価が安い

商店街がにぎわっているため八百屋さんで野菜が安く手に入りますので、生活コストは比較的低く生活ができます。

仲宿商店街の近くにはローソンストアもあるので、100円で様々な食材も手に入ります。

なので東京の中では比較的住みやすいエリアだと思っています。

総評

今回は東京に10年間住んでいた筆者が東京に住んでわかったメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

やはり住んでみないとわからない事もたくさんあるのでこのメリット・デメリットを検討した上で都会暮らしをされてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました